【CSR検定】個人受験してみた|難易度は?所要時間は?公式テキストは?

SDGsをまなぶ

こんにちは、技術者しながらコソコソSDGsブログを書いてます。

難しすぎたSDGs検定退屈すぎたSDGs@検定の間くらいの資格はないものかと、

今回CSR検定なるものを受けてみました

CSR= Corporate Social Responsibility(企業の社会的責任)

企業経営の目線で考えるSDGs

参考になると嬉しいです。

この記事のポイント
  • CSR検定はビジネス主体の資格
  • 級によって難易度受けられる頻度は大きく異なる。
  • 4級は知る限りSDGs関連でもっとも易しい資格。興味1650円1時間の時間さえあればOK
  • 3級~は自宅環境を整える必要あり。HPの過去問・模試が役立つ。公式テキストもあると便利

関連記事>>【SDGs@ビジネス検定】は100%合格!? 【楽に】学びたい人にオススメ!

関連記事>>【SDGs検定】はweb受験可能【難易度高すぎ!涙】でもメリット大?なぜ今SDGs?

CSR検定、4級・3級・2級・1級それぞれの概要と難易度は?

CSR検定(旧サステナビリティCSR検定)は”サステナブルマガジン”を発行しているオルタナ社主催の資格。

4級~1級まであり、それぞれ難易度・費用・実施形態が大きく異なります

資格試験の歴史と主催者

3級は旧[サステナビリティCSR検定」からのリニューアルで2015年から、2級は2016年から、1級は2019年から実施

  • 株式会社オルタナ
  • 一般社団法人CSR経営者フォーラム
  • 推薦)一般社団法人 日本経営士会
せんせい
せんせい

企業目線での資格、他のSDGs関連の資格と比較しても比較的歴史のある方の資格ですね。(SDGs制定が2015年)

経緯を見ても3級がメインの資格…と言えます。

各級の概要比較

ややこしいの級によって大きく異なる点。比較してみると↓こんな感じ

比較項目4級3級2級1級
概要SDGsの基礎サステナビリティとSDGsESGとサステナビリティ経営サステナビリティ経営の真髄
対象一般社会人・学生一般社会人・学生企業のCSR等従事者
学生可
企業のCSR等従事者
学生不可、2級必須
時期毎月
1~15日何度でも
年2回
次回:2022/10/23
年2回
次回:2022/10/23
年1回
試験形式自宅型オンライン
(Peatixいつでも)
選択
30分
自宅型オンライン
(Webカメラあり)
選択
70分
自宅型オンライン
(Webカメラあり)
選択25+記述20
100分
自宅型オンライン
一次:小論文
120分
二次:面接
推奨の勉強法4級テキスト購入
(495円)
3級テキスト購入
(1980円)
2級テキスト購入
(5500円)+論文対策
自身の経験に落とし込む
費用*一般:1,650円    
学生:990円  
一般:6,050円  
学生:4,235円  
一般:9,350円   
学生:6,545円  
一次:13,200円 
二次:24,200円
受験者数非公開300~1200人/回8235人/計120~370人/回
1891人/計
115人/計
合格点15点/18点(83%)32点/40点(80%)36点/45点(80%)(80%)
合格率ほぼ100%51~95%49~71%18-52%
各級の比較

*費用に関しては特定企業・団体・学校に対する特割もありますので公式サイトで確認を!

きゅまる
きゅまる

級によって費用が全然違う…!

うさぎ
うさぎ

4級は検定といいうよりむしろオンライン研修

くま
くま

合格率にもばらつきがあるけど、実施人数も少ないので団体で受けた企業の事情などによりると思われます…!

【CSR検定4級】を受験してみた!難易度は?所要時間は?テキストは必要?

ものの30分で・・!

まずはいつでも!何度でも!1650円!という4級を実際に受験してみました。こんなブログを書いているので前提知識0ではないですが、試験勉強はナシ・公式テキストも使用ナシで臨みました。

申し込み、支払い、実施タイミング

毎月1~15日に申し込み翌月1~15日に受験することが可能です。

申し込みはネット申し込みのみで、イベントサイトのPeatix. 

私

オンラインイベントを予約する感じで簡単に申し込み完了です。

支払いはクレジットカードとATM・コンビニ決済。私はクレジットカード支払いにしました。

月末、試験可能日3日ほど前に、メールで【受験票】が届き、そこからアクセスして受験します。

事前勉強なしでいざ4級受験!結果・・合格までの時間は?

いつでも、何度でも受けられるのがメリットの4級。

本なども一切見ず、実力のみでチャレンジ!

結果…一発合格はならず、3回目で合格、7回目で満点でした。

  • 1回目:12点/18点 (不合格
  • 2回目:13点/18点 (不合格
  • 3回目:15点/18点 (合格!
  • 5回面:15点/18点 (合格!
  • 6回目16点/18点 (合格!
  • 7回目18点/18点 (満点!

何度も受けているように見えますが、設問も少ないのであっという間に終わります。

合格まで30分、満点までも1時間もかかりませんでした。

難易度は?公式テキストは必要?

私

これまで受けた資格類の中では一番簡単!

しかも、問題は使いまわされているので、3回目あたりからほぼ見たことのある設問内容になります。

毎月問題が入れ替わるような仕組みなのかと。

設問としては、下記のようなHPに記載例のような分かりやすい内容がある一方で、

”公式ホームページより引用”

(問題例)
世界の貧困問題で最も大きな要因は「貧困に起因する〇〇〇〇」です。
 ア 学習時間の不足
 イ 児童労働
 ウ 栄養不足
 エ 学校不足

せんせい
せんせい

答えは児童労働ですよ~

「●●の人数は1〇万人、2〇万人、3.〇万人、4.〇万人」

のような数字を答える問題があって、数字が覚えられず、合格・満点には何回かかかりました。。

公式テキスト(Amazonや楽天では買えない)が必須かというと、合格のためだけなら、必要ないと思います。

私

ネット情報でも十分、本を1冊買ったり、3級のテキストを買う方が有意義かと

筆者のオススメの本はこちら>>SDGsの教科書?SDGsがとにかく分かりやすい本を1冊ぶなら

【CSR検定3級】は半年に一度!難易度は?所要時間は?テキストは必要?

中古でテキスト発見

4級→3級で大きく変わります。大きなところで、

  • 費用:1650円→6050円(一般の場合)
  • 時間:30分→70分
  • 公式テキスト費用:495円→1980円
  • 受験可能な回数・タイミング:何度でも→指定日1度だけ
私

費用5倍、1回きり・・、準備しないと難しい

申し込み、支払い、実施タイミング

と秋の年2回、試験日の約1.5-3.5カ月前に申し込み。ちなみに第14回は

  • 申し込み:2022年1月5日(水)~2022年3月11日(金)
  • 試験日:4月24日(日)

自宅オンラインなのは助かる一方、Webカメラあり!時間指定!となっているので、子供がテレビ見ている傍ら・・というわけにはいかない。

  • 10:20最終ログイン
  • 10:30~10:40試験説明
  • 10:40~11:50試験
私

小さい子育て世帯には時間帯的に工夫が必要・・!

難易度は?公式テキストは必要?

公式HPに問題が公開されています。例えば第13回の1問目は・・

”公式ホームページより引用”

せんせい
せんせい

答えは2と4の2つですよ~

4級よりは難しい!

私

絶望的だったSDGs検定よりは対策がしやすくうまくいきそう。

模試や過去問が公開されているのはいいですね。解説にテキストの該当箇所が記載されています。

公式テキストがオルタナのHPから販売されていて、改訂版の購入が推奨されています。

が、改定前のバージョンもAmazon等で見つけることができます

私

改定箇所はHPに記載されているので、改定前でもテキストを入手すればいい勉強になる!

・・ということで、テキストを購入して過去問にトライしております。

3級詳細~2級については追ってレビューします!

今私から言えるのは4級はカンタン、3級は対策しやすいので簡単そう・・というところまで。引き続きレビューします。

まとめ
  • CSR検定は4級と3級の間に大きな差がある。
  • 4級は資格というよりオンライン研修。興味1650円1時間の時間さえあればOK
  • 3級~は試験ぽくなるが、HPの過去問・模試から対策・勉強しやすい。テキストは過去版もあると良い。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました