旧姓で仕事した11年【メリット・デメリット】育児・転職・同窓会etc

転職

結婚すると女性が名前を変えることが大多数の日本。私を含め、ビジネスネームは旧姓で通すことも増えてきました。

しかし、変化の多いこの時代!育児、転職といった変化の場面で、やっぱり職場でも名前を変える?変えない?の選択肢が、忘れたころにやってきます。

うさぎ
うさぎ

好きな人の名字に自分の名前をあてはめてドキドキしていた小学生時代なんていつのこと・・

私は11年間旧姓で通してきたのですが、そこで感じたメリット・デメリットまた旧姓にまつわるエピソードなどを記載したいと思います。

旧姓で感じたメリット
  • 仕事の実績がそのまま残る受賞特許など)
  • 取引先や社内での混乱が生じない
  • 仕事と家庭のオンオフが切り替えられる
  • また名前が変わったら・・の心配は不要
旧姓で感じたデメリット
  • 保育園や学校と職場で混乱する
  • 取引先に気遣いが必要
  • 結婚していないの?と妙に気を使われる(特に年配の男性)
  • 子どもが不思議に思う

実際に旧姓で転職できるの!?という記事はコチラ↓をご参照ください。

旧姓で仕事した11年間、メリットもあればデメリットも・・

たかが名前、されど名前・・

旧姓で働いていてよかった・・実感したメリット

  • 仕事の実績がそのまま残る(受賞・特許など)
  • 取引先や社内での混乱が生じない
  • 仕事と家庭のオンオフが切り替えられる
  • また名前が変わったら・・の心配は不要

やはりまず大きいのはビジネス上のメリット

取引先の人にいちいち説明するのも面倒だし、蓄積してきた受賞歴や執筆なども、誰が見ても同じ人だと分かります。

いぬ
いぬ

技術者だと特許や論文を検索されるケースも多い

きゅまる
きゅまる

さらに私は実に平凡な名字(戸籍名も旧姓も・・)なので、印象に残りにくいため同じ名前が助かる!

社内は名字が変わればその旨お伝えすればいいですが、仕事上の取引先の人にまで説明するのも大変です、先方が混乱してしまうかもしれません。

きゅまる
きゅまる

人によると思いますが、そもそも社外の人と私的な話をしたくないかなぁ

とら
とら

一方で戸籍名の方がインパクトがあって覚えてもらいやすく、てビジネス上もメリットあるから変えるパターンも

その他に意外だったメリットが、仕事上のオンオフが付きやすいということ。小さい子を抱えていると仕事中にふと育児のことを思い出したり、逆に早く帰って仕事のことを思い出してしまうこともあります。多少はやむをえないことですが、名前を使い分けていると今は仕事モード!今は育児モード!と切り替えることができます。

最後に、考えたくないけど、3組に1組は離婚するといわれるこの世の中。たださえ大変なのに、名前が旧姓に戻ることを説明して回るのも、元戸籍名で仕事をすることも・・どちらも考えただけでしんどい・・!

旧姓で働いていて微妙だった・・実感したデメリット

  • 結婚していないの?と妙に気を使われる(特に年配の男性)
  • 保育園や学校と職場で混乱する
  • 子どもが不思議に思う

一方でデメリットは・・というと、変に気を使われてしまう事や、職場以外シーンとの混乱があります。具体的にどんな事があったか、というと・・

育児・転職・同窓会・・状況ごとの泣ける笑える?エピソード

あとから考えれば笑い話・・

旧姓を使っていてどんなことにエピソードがあったか・・この長くて短い11年を思い出してみました。

一番混同しやすい育児!

忙しき母の日常、朝は保育園→ダッシュ→仕事→ダッシュ→保育園・・通勤時間があれば気持ちを切り替えることができますが、何度かあったのは仕事中の職場への電話の際に混乱してしまうこと。

こんな時に限って携帯の電源が切れていたりするのです。。

ほいくし
ほいくし

××保育園です。△△(戸籍名)さんいらっしゃいますかー

会社の人
会社の人

ん?いませんが、、、、あ、●●さん(旧姓)ですね

きゅまる
きゅまる

●●(旧姓)です、あっじゃなくて△△(戸籍名)です。熱出しちゃったんですね・・急いで帰りますのでよろしくお願いします。

きゅまる
きゅまる

先輩、これだけやって帰ります。残りは△△(戸籍名)のメモをはって、いや●●(旧姓)で、、

さらに、

きゅまる
きゅまる

後輩ちゃん、すみません、ママちょっと先に帰るので・・(ひーーーー!ママと言ってしまった。赤面)

ほんとにこんなことが、育休明け何度かありました。ママは恥ずかしかった・・在宅ワークが増えるとより混乱が生じがちです。

さらに、仕事の友達とプライベートで合ったり、会議をのぞいた子供が不思議がってくることもありましたが・・

むすこ
むすこ

ママって●●(旧姓)なの・・?

こちらはしっかり説明してあげれば問題なし(だと思う)

海外出張は少々不便

何度か海外出張に行くケースがあったのですが、この場合は結構不便でした。

ご存じでしょうか?そもそも夫婦別姓が認められていない国は少ない、という事実を。

パスポートや入国の処理など、会社からの書類と名前の違いがでてくるので結構面倒な思いをしました。一歩間違えば家や車の契約にも影響していたのではないかと思います。

きゅまる
きゅまる

日本の文化から英語で説明するのは大変・・

誰にも相談できない転職

一方で誰にも相談できない悩みがあります。それは転職。会社の人にも相談できず、エージェントに相談したりするわけですが・・

きゅまる
きゅまる

まず、メールとかサイト登録から旧姓・戸籍名どっちを使えばいいのか分からない

という混乱から始まり、私用メールはそもそも登録が戸籍名だったり、地味にエネルギーを使いました。結果として私は旧姓で転職をしていますが、途中のプロセスでは戸籍名を使っています

仕事も慣れてやっと旧姓で落ち着いていたのに、またこの問題が再燃するとは、正直すごく不便!だし経験してない人には分からない~~~!と思いました。

転職に関してはこちらには別途記事を作成しましたので、よろしければ参考にしてください。

(関連記事:結婚後の転職で旧姓は使える?研究職の私の体験

変に気を使われる同窓会

私は理系の研究室を出たのですが、大学の同窓会では仕事上でつながりのあるようなケースもあるのでビジネスネーム(旧姓)で出席します。

まず最初に周りで名前が違う人がいると結婚の話題になりがちです。そんな中で、戸籍名で通している女性がいると・・聞いちゃいけない雰囲気になります

自分から私も結婚しました!と手を挙げるのも違和感あるし・・

最後に

疲れた・・
なんかつかれちゃった・・おやすみ

なんでこんなに疲れるのー!?笑、と叫びたくもなりますが、思い返してみればささいな事だったかな?とも。

この経験が少しでも誰かのお役に立てたようであれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました